David Kirk氏,「3ステップで取り組むGPGPU」を提唱

 NVIDIAは7月16日、日本では珍しいGPGPUカンファレンスを開催しました。

DSC_0018.JPG
David Kirk氏,「3ステップで取り組むGPGPU」を提唱このエントリーを含むはてなブックマーク
http://www.4gamer.net/games/076/G007660/20100719001/

 今、日本の学術界では、空前のGPGPUブームです。

 もしかすると、日本に限って言えば、金額ベースではハイエンドGPUはハイエンドゲーム市場よりも、もはやGPGPU市場の方が大きいかも知れません。

 なにしろ同じコアのGPUが10倍の値段で、場合によっては100基単位で売れるわけですからね。

 GeForceが10倍の価格で…と言っても、HPC用途で考えると、予算が大きく取れない大学の研究室などにとってはGPGPUベースのスパコンは価格破壊とも言えるくらいの安さなので、みんなこぞって飛びついているという状況です。

 事業仕分けで蓮舫議員が「世界で二番目じゃダメなんですか?」と言い捨てたスパコン分野ですが、その世界二位は中国の「星雲」(NEBULAE)でして、これが実はNVIDIAのGPGPUベースです。これはGeForce GTX480コアと同じTESLA C2050が4640基搭載されたシステムで2980TFLOPSの性能があります。

 日本最速のスパコンは日本原子力研究開発機構の「PRIMERGY BX900」になりまして、世界第22位です。これはインテルXeon X5570(2.93GHz)を4,314基(17,256コア)搭載したシステムですが性能は200TFLOPS程度で中国の星雲の10分の1以下です。

 スポーツの世界もスパコンの世界も世界一を目指さないと世界二位にはなれないって事ですかね。

 ちなみに、日本でもGPGPUベースのスパコンが誕生していまして、これが日本で6位、世界では64位の東工大の「TSUBAME」(つばめ)です。こちらはGeForce GTX280コアと同じTESLA S1070を170基(680GPU)を搭載したシステムで性能値は170TFLOPSです。

 世界のスパコンランキングをもっと詳しく見たい方はこちらをどうぞ。お隣、韓国の最速スパコンは日本よりも上ですね。

 世界的に見ても、そのコストパフォーマンスの高さからGPGPUベースのスパコンは増加しているので、NVIDIAのGeForceがGPGPUに傾倒した作りになってきたのもうなづけます。

 NVIDIAの社長(CEO)のJen-Hsun Huangは、もともとAMDの半導体設計者の出身で、「堅苦しいコンピュータはもういやだ」といってAMDを飛びだし、ゲームグラフィックスに傾倒したNVIDIAを設立したはずなんですけど、いつのまにかやっていることはAMDと変わらなくなってしまいました。

 やっぱり「ビジネス」という側面を考えれば、いつまでも「ゲーム、ゲーム」って言ってられないんでしょうねえ。

 まあ、でもご安心を。

 Jen-Hsun Huang自身はかなりのゲーム好きなので、GeForceがなくなることはないとは思います。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)