日本のゲーム/アミューズメント業界の社長の給料

 クルマの雑誌「ベストカー」(8.10号)を読んでいたら「日本の社長の給料」という特集があって、2009年度の1億円以上の年収の会社社長のリストが掲載されていた。

 ゲーム/アミューズメント関連業界の括りで見ていくと...

 ソニーグループのストリンガーCEOの8置く1500万円が圧倒的。いちおう日本ランキングでは二番目に付けている。ちなみに一番目は、ニュースでも報道されたニッサンのゴーンCEOの8億9100万円だ。

 セガサミーHDの里見治会長兼社長は4億3500万円。セガは希望退職者プログラムとかでリストラが大変だと言っていたけど、一応、日本では7位。

 パチンコ系はやっぱり強いみたいでSANKYOの毒島秀行会長が3億3000万円で9位。

 だいぶ下がってスクウェア・エニックスの和田洋一社長が2億400万円で30位。

 天下の任天堂社長の岩田聡社長は1億8700万円で34位で、スクウェア・エニックスよりも下位なのが興味深い。

 クルマの雑誌に載っているリストを見てるだけなので、漏れはあるかも知れないけど、日本の総理大臣の年収が3000万円程度だから、年収1億円は国家元首以上でなかなかすごい。不景気とは言ってもお金はあるところにはあるもんだ。

 より詳細なランキングを見たい人は政府刊行物の「役員の報酬・賞与・年収 2010年度版」をどうぞ。

 とても高い。→ 刊行物の値段ね
一般 | comments (0) | trackbacks (0)