KINECTで人間の意識を動かしたら!?

 マイクロソフトのXbox360用のモーションコントロールシステム(MCS)の「KINECT」は、人体のボーンの動きをリアルタイムに取得して、ゲームキャラクターの動きに反映させることが出来る面白いシステムですが、これを使って人間を動かす…みたいな着想の映画が出てきています。

 映画のタイトルは「GAMER」

 近未来、死刑囚の死刑執行をエンターテインメントにしたゲームが人気を集めていました。この設定はシュワルツェネッガー主演の「バトルランナー」(The Running Man,1987)と同じです。

 この映画での"ゲーム"は、死刑囚同士に銃を持たせて実弾を撃ち合わせて生き残りゲームをさせる…という内容になっています。

 各死刑囚は各自の意志では動けず、遠隔地にいてこのゲームを楽しむプレイヤーの操作によって動かされるのです。

 まさに究極の一人称シューティング(First Person Shooter)ゲームという風情です。

 そして、このゲームのプレイインターフェースに使われるのがハンズフリーなモーションコントロールシステムで、まさにKINECTそのものになっています。

 プレイヤーが銃を構えれば死刑囚も銃を構えるし、プレイヤーが走れば、死刑囚も走る…といった感じの操作系です。

 面白いのは、主人公の無実のマッチョ死刑囚が、もう1人の主人公の少年プレイヤーに「オレに右を向かせろ」とか指示を出すところですね。

 プレイヤーキャラクターがプレイヤーに動きを促す…ってのは、ちょうどエクササイズ系ゲームでよく見られる要素です。

 丁度、今年、PS3もXbox360もモーションコントロールシステムを導入してくるので、かなりタイムリーな映画だと言えます。

 予告編はこちら。

 

 日本ではまだ未公開ですが、北米ではもう2009年に公開済み。

 北米ではもうDVD/ブルーレイがでています。

 日本でも、公開されますかね...
映画 | comments (1) | trackbacks (0)