西川善司の3Dゲームファンのための「2009&2010」グラフィックス講座

 2009年もまもなく終わります。

 西川善司の3Dゲームファンのための○○講座の2009年総括編です。

 実は、12月頭に掲載する予定だった「すでに入稿済みのネタ」があったのですが、現在、ハードウェアメーカーからの介入がありまして少々遅れております。

 さて、2009年をざっと振り返ると、ハードウェア方面では「携帯機器のマイナーチェンジモデルの投入と、据え置き型機の値下げ」という成熟期特有の事象が巻き起こりました。

 来年は中継ぎ機のWii HD、携帯機フルモデルチェンジのPSP2などの話題が聞こえてきそうですし、据え置き型機の次世代機のティザーも始まることでしょう。

3d_zen52.jpg
西川善司の3Dゲームファンのための「2009&2010」グラフィックス講座
2009年を振り返り、2010年のグラフィックストレンドを予想する
このエントリーを含むはてなブックマーク
http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/3dcg/20091228_340280.html

 3Dゲームグラフィックステクノロジーの面で2009年はどうだったかというと、あえて象徴的なことをあげるとすれば、記事にも書いていますが、ボクの取材した限りでは

●グローバルイルミネーションへの積極対応ムーブメント
●Deferred Shadingの実装とその利点/弱点への議論
●DirectX11時代の幕開け


…といったところが印象に強く残っています。

 あと、なんといってもインテルLarrabeeのキャンセルは、年末に大きなセンセーションを呼びましたね。

 これによってEPICのTim Sweeneyが思い描いたような「ソフトウェアレンダリングへの一足飛びの回帰」はなさそうですが、逆に現実味を帯びてきたのがハイブリッドレンダリングです。

 自動車もハイブリッドブームですが、3Dゲームグラフィックスにもハイブリッドブームが巻き起こるのではないか?…というわけですね。

 ハイブリッドレンダリングとはなにか…については記事を参照してください。

 海外ゲームスタジオやGPUメーカーの業界キーパーソンにインタビューするとみんなこのキーワード(もしくは類似した言い回し)を使うので2010年はそうした方向に動くのかもしれません。
オンライン仕事 > GAMEWATCH | comments (4) | trackbacks (0)