3Dマニア第78回 人工知性でコンテンツを生成するプロシージャル技術(2)

 プロシージャル技術編の第二回です。

 プロシージャルとシミュレーションの線引きって難しいと思うんですが、物理現象や自然現象など、現実世界の事象をなるべく正確に再現しようとするのがシミュレーションで、プロシージャルっていうのは、根拠はともかく、現実世界の事象を再現するのに近い法則性だけを抽出してその事象の再現に取り組む…というようなイメージと理解しています。

3dm78_003l.jpg
西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス第78回
人工知性でコンテンツを生成するプロシージャル技術(2)
このエントリーを含むはてなブックマーク
http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/078/index.html

 SIGGRAPH ASIA 2009のNVIDIA David Kirk氏の基調講演で、彼は「プログラマブルシェーダはシェーダーをプログラマブルにしたにすぎない。レイトレーシングは本当の計算によって映像を再現する手法だ」と言っていましたが、なるほど、ランバートの余弦則も、ブリン-フォンシェーディングも言われてみればプロシージャル的手法ですよね…。
オンライン仕事 > マイコミ | comments (3) | trackbacks (0)