【大画面☆マニア番外編】LED AQUOS LX1の実力は?

 シャープのLED AQUOSの相性で親しまれているAQUOS LX1を評価しました。

 「LED AQUOS!」って騒がれれば騒がれるほど2008年のAQUOS XS1の立場はどうなるんだという話もありますが、「メインストリーム向けにLEDバックライト機がやってきた」というところを取り沙汰してのキャンペーンキーワードのようです。

LX1.jpg
LED AQUOS LX1 - 西川善司がのめりこむ! 新次元高画質のフルスペック機 - Impress Watchこのエントリーを含むはてなブックマーク
http://ad.impress.co.jp/special/aquos0912/



 AQUOS LX1は直下型バックライトを採用しながらも、なんとエリア駆動を行わない、それまでの価値感でいうと「ちょっと不思議」な製品です。

 LEDのエリア駆動制御のシステムが高価なので、これを省略することで実勢価格を安くした…というのが読み取れるわけですが、もう一つ、シャープがエリア駆動を採用しなかった理由としてあげられるのが「採用液晶パネルが新世代のUV2Aパネルだから」…です。

 UV2Aパネルの仕組みについての詳細は記事の方を参照してください。

 ここでも簡単に解説すると、UV2Aパネルとは、MVA液晶の画素セルを形成する際に、紫外線に反応する配向膜を用い、任意の方向から紫外線を照射して初期配向をさせる「光配向技術」を実用化した新世代パネルなんですね。

 紫外線の照射方向で初期配向させるので、ラビング工程は必要ないですし、MVA液晶の特徴である液晶分子をやや寝かせて配向させるためのリブが不要ですし、斜め電界形成回路のスリットもなくすことが出来ます。これにより開口率が向上して、迷光もなくなり、かなり理想に近い光出力特性が得られるようになるんです。

 もともとLEDバックライトのエリア駆動とは、階調生成時の迷光を理想に近づけるための仕組みでした。

 UV2Aパネルでは、バックライトのエリア駆動がなくても(フレーム単位の面単位の輝度変化だけで)、理想的な階調特性が得られる…ということで直下型LEDバックライトなのにエリア駆動が不要…という判断を下したようです。

 ただ、そうは言ってもXS1の後継上位機種なんかで出てきそうですけどもね。

 シャープは将来的には全てのパネルをUV2Aに置き換えていく計画のようなので、UV2Aパネルに普通の冷陰極管(CCFL)バックライトを組み合わせたエントリークラスの製品だって出てくるかも知れません。それでも、画質は向上するはずですから、ある意味、今後、AQUOS全シリーズの画質の底上げすら期待できます。

 楽しみですね。

 そうそう。直下型LEDバックライトの液晶テレビは重量が重い…という印象がありましたが、LX1は同サイズの他機種よりも軽かったです。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (3) | trackbacks (0)