「ゲーム制作者のための3Dグラフィックス技術」はこんな本です

 9月11日に出版予定の拙著「ゲーム制作者のための3Dグラフィックス技術」は、MYCOMジャーナルでの連載「3Dグラフィックスマニアックス」とGAME WATCHでの連載「3Dゲームファンのためのグラフィックス講座」の内容をミックスした内容になっています。

 もう校了をしていまして、ページの内容を見せることが許可されましたので、適当なページを抜粋して示すことにします。

3DG_mae-ch10_0817_ページ_027.jpg

 最初の方の章ではGPUの歴史やグラフィックスパイプラインの解説を行っています。
 イラストはMYCOMジャーナルの連載でも担当していただいた岡本圭介氏の手によるモノです。
 ボクの鉛筆画の下絵を可愛らしくリファインしていただいています。

3DG_mae-ch10_0817_ページ_041.jpg

 技術解説ページでは実際のゲーム画面と、アルゴリズムの図解を行っています。ここは法線マッピングの進化形である視差遮蔽マッピングの解説のページですね。

3DG_mae-ch10_0817_ページ_054.jpg

 プログラムコードではイメージしにくい概念をイラストで表すようにしています。本書はオールカラーなので、カラーを武器にした図解にしているのが特長です。
 ここはデプスシャドウ(シャドウマップ)技法の影生成の解説のページです。

3DG_mae-ch10_0817_ページ_156.jpg

 章末コラムでは各章で紹介した技術を実際に使用したゲームタイトルとその映像素材を紹介しています。ここは大局照明技術をテーマにした章末コラムになります。

 紆余曲折ありましたが、なんとか出せるようになって良かったです。

 よろしくです!



書籍 | comments (8) | trackbacks (0)