イロモネアの法則

iro_26353894_2276919896.jpg イロモネアって審査員がランダムで選ばれることになっているけど、一番左のマスは1~19、その隣のマスには20~39、あと同じように40~59、60~79、80~99(100)までが出るようになっていることに気がついた。

 たぶん、ターゲットとなる人を撮影する5マス分の5台のカメラのカメラマンが自分の担当番号範囲で選んでいるだけ…ということなんだろうね。

 それが分かると、2マス目のカメラマンが美人の女性しか選ばないこととか、そういうのが見えてきて面白い

 あのピロピロと出るランダムな3桁の数字のエフェクト(上の写真)、意味ないからやめればいいのにね…

 え? 暇人だなって?

 ほっとけ!

 で、さらに、もう一つ、見つけた法則。

 イロモネアで初回チャレンジ付近の放送がカットされているのに最終チャレンジ付近が放送される芸人は必ず落ちる

↓逆法則

 イロモネアで初回チャレンジ付近がちゃんと放送されている芸人は、最終チャレンジは必ず放送され、受かる可能性がなきしにもあらず

 ほんと、どうでもいい法則だ(笑)
お笑い | comments (0) | trackbacks (0)