3Dマニア第71回 限定条件付き動的PRT(2)~PSF技法におけるライティング

 オブジェクトが変形しない限定条件付きの動的PRTの話題の最後です。

 この方法では、「自身へのPRT」と「相手へのPRT」を切り分けて考えることがポイントでしたが、問題となるのは、それぞれ座標系の異なるそれぞれのPRTを、どうやってつじつまを合わせて計算(≒統合)するかという部分です。

 今回はそのあたりの話題を取り扱っています.

3dm71_001l.jpg
西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス第71回
限定条件付き動的PRT(2)~PSF技法におけるライティング

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/071/index.html



オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)