「頭文字D」39巻単行本のストーリー入れ替わり事件について

 つい先日発売されたばかりの「頭文字D」39巻だけど、p.119からのエピソードVol.551「ウエットコンディション」とp.135ページからのVol.553「ゼロVS.啓介」が、エピソードタイトルは正しいがページが入れ替わってしまっているという問題が明らかに。



 つい先日買ってきて読んだばかりだけど、最初はそれほど違和感はなかった。
 だけど、言われてみるとp.119から雨が降っていて、p.135からはキャラクター達が雨が降るのを懸念しているという描写になっていて、確かに変。「雨」という要素がなければ、たぶん、あまり不自然さはなかったかも?

 講談社では対応窓口サイトを設置していて、交換に応じてくれる。

inid39.jpg

 自分も早速連絡を取ってみたが、送付先の電話を掛けるとオペレーターから名前と住所電話番号を聞かれる。

 正しいバージョンは7月21日に刷り上がる予定で、7月22日以降から順次発送となるらしい。

 すでに持っている原本については、届いた正常版に同封されている返信封筒に入れて着払いで返送させる仕組みをとるみたい。

 これから買おうという人は、7月22日以降の各書店の配本を待つべきかも。
一般 | comments (0) | trackbacks (0)