DLA-HD350を買いました

プロジェクタを買い替えてみました。

元々はソニーのVPL-VW60を所有して使っていましたが、今回、ランプの寿命が近づいてきたため、天井から取り外しが必要になり、これをきっかけとして。

VPL-VW60は、スペック的には確かに現行上位機のVPL-VW80には見劣りしますが、完成度の高いモデルで名機だといえました。

VPL-VW60は、今回、売却したわけですが、購入金額の55%程度ほどで売却ができました。なかなかの高額買い取りで、中古市場エントリー機として今も人気が高いからですかね。

 DLA-HD350は、池袋サンシャインシティで行われたアバックの大商談会フェアで買い求めました。

 価格は価格.COMの最安値を下回る298,000円でした。しかも即日持ち帰りです。

 アバックのフェアセールはホントに安いのでオススメです。

 設置についてはビクターのバカ高い天吊り金具をまた買い直さなければならないかと思いきや、既に所有していたSANUS社製のユニバーサル金具「VMPR1」で吊れることが分かり、これを流用することが出来ました。



 VMPR1は、3万円弱の価格で、約20kg以下の国産プロジェクタのほとんどを吊れるという万能品です。VPL-VW60もこれで吊っていました。

 セットには30cmほどの延長パイプも付いてきていますので、レンズシフト量が足りなくて映像を下に降ろしたいときなどに使うと便利です。今回はこのパイプを利用して吊っています。

DSC_0302.JPG

 今回も自分1人で吊りましたが、結構な肉体労働でした…。

 なお、DLA-HD350についての詳細は、近日に大画面☆マニア【自腹偏】としてお届けする予定です!
一般 | comments (0) | trackbacks (0)