3Dマニア第70回 限定条件付き動的PRT(1)~動的PRT第一段階PSF技法とは?

 今回から、動的PRTの話に移ります。

 田村氏の講演では、まず、動的PRTを考える第一段階として、「登場する物体は変形しない」という限定条件を付け、その代わり「自由に回転したり移動できる」という動的PRTを解説しました。

3dm70_001l.jpg
西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス第70回
限定条件付き動的PRT(1)~動的PRT第一段階PSF技法とは?

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/070/index.html

 この場合、「自身へのセルフPRT」と「他者へのPRT」という風に分解して考えるとわかりやすくなります。

 セルフPRTは、いわば、普通の静的PRTであり、「他者へのPRT」が新要素になるのです。

 この、「オブジェクトが変形しない限定条件付きPRT」は、ゲームにも使えそうです。

 たとえばビリアード、麻雀ゲーム、車体と車輪を分けて考えれば、自動車ゲームにも応用できることでしょう.



オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)