3Dマニア第69回 事前計算放射輝度伝搬(PRT)~PRTの基本。静的PRT(4)

CEDEC2006の田村氏の講演の復習、静的PRT編の最終回です。

3dm69_001l.jpg
西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス第69回
事前計算放射輝度伝搬(PRT)~PRTの基本。静的PRT(4)

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/069/index.html

 静的PRTでは、各頂点における遮蔽構造キューブマップも、光源として扱う全天周の情景を描いたキューブ環境マップも、共に球面調和関数の係数としてしまうわけですが、この陰影計算はなんと、その球面調和関数のスケーリング係数列をベクトルとして捉え、そのベクトルの内積を計算することで求まってしまうんですね。

 何とも凄い方法を先駆者達は考案したものです...

 そして、数学のすごさを思い知る瞬間ですよねぇ



オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)