荻窪圭さんに飯をご馳走になる

荻窪圭さんはボクのOh!X時代の先輩です。

今は荻窪さんはApple関連、そして写真やビデオの専門家ですが、次の仕事でGPGPUがらみになりそうだとのことで、「(善)ちゃん、GPUの歴史みたいなの教えて」ということで、行ってまいりました。

六本木ヒルズでお高いお上品なご飯をご馳走になりました。

お高いお店でマックをおっぴろげて「DirectXが」で始まり、「プログラマブルシェーダが登場します」で1時間が経過。

2時間くらいたって「CUDAが、OpenCLが、DirectX演算シェーダーが…」とやっていたので相当、奇妙な光景だったかと思います。

荻窪さん。ごちそうさまでした。

で、荻窪さんが最近本を出されたそうで、一冊頂きましたので、せっかくなので、ここで宣伝しておきます。


デジカメ撮影のネタ帳

シーン別に、こうして撮ると綺麗に撮れるよというデジカメの機能の活用テクニックから、写真を撮る上での被写体をどう収めるかのフレーミングのアイディアの提案までが網羅されています。


neta61lipFjsdsL__SS500_.jpg
dejikame_neta02.jpg

人物写真の作例のモデル達がなかなかのカワイコチャン(死語)ですが、荻窪さんの知り合いの素人さんらしいですよ。

どんな娘達かは、見てのお楽しみ!(笑)
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

NVIDIA。DirectX10.1のサポートを開始!?

NVIDIAがモバイルGPU(ノートPC用GPU)を発表しました。

ボクはE3がらみで取材に行けていないのですが、記事はぽつぽつと上がっていますね。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090615_285720.html

発表されたのはGeForce G210M GT/230M GT /240M GTS/250M GTS/260Mでまぁ、メインストリーム以下のモデルです。

これ、間違いじゃなく、公式にDirectX10.1/SM4.1対応を謳っているんです

 つまりNVIDIA初のDirectX10.1/SM4.1対応GeForceということになります。

 NVIDIAはこれまでDirectX10.1/SM4.1不要の立場を取っていましたが、ここにきてイヤイヤ?対応をしてきたと言うことになります。

どうやらベースはGT200系で、ロジックをちょいモディファイして対応させたようなのですが、なぜ、今更? しかもなぜノートPC用GPUのメインストリーム以下のモデルで? という感じですよね。

もう一つ面白いのは、このノートPC用新GeForceの一部はDirectX10.1には対応しますが、PhysXには対応していません。

http://www.nvidia.com/object/geforce_m_series.html

なんだか、よく分からないラインナップになってきました。

デスクトップ用のGeForceは、噂のコードネームGT212が、DirectX10.1対応版ということだとおもうのですが、出てきたとしても、まさに「なぜ、今?」というかんじで受け止められそうです。出すんならばGTX285のときにやってきてくれるべきだった…。

 DirectX11対応版のGT300はおそらく年内にはアナウンスがあると思いますし、GT212は出てこない可能性も!?
一般 | comments (1) | trackbacks (0)