西川善司 E3 2009レポート集(1)

今年もGAMEWATCHチームの一員としてロサンゼルスE3に行ってまいりました。
今年は3年ぶりの(間2回あけての)大規模開催E3でした。

DSCN6122.JPG

こんな感じで展示ホールの外観に横断幕も帰ってきました。

まったく、あの、2007年、2008年の規模縮小版E3は何だったのか、というくらい、今年は普通に戻っていました。

無事帰国しまして、ロサンゼルス・ファミマのカレーのヘビーローテーションが功を奏したのか(笑)、豚インフルの気配もなく、健康です。

というわけで、会期中に自分が執筆したE3レポートを振り返っていきたいと思います。

記事自体は、既に、掲載済みのものですが、時系列ごとに振り返っていきたいと思います。

(随時更新していきます)



scepc05.jpg
E3 2009 SCE PRESS CONFERENCE レポート・その1
PSP go、モーションコントローラー編)
PSP go発表。同時にPSPビッグタイトルも続々。
SCEもWii対抗のモーションコントローラーを発表

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090603_212374.html

やはり「ハードウェア=ブツ」が発表されるプレスカンファレンスは盛り上がります。
 ソニーはPSP goを発表しました。
 一般ユーザーの受け止め方は「画面が小さくなってUMDがなくなって70ドルの値上げ」という感じであまり歓迎ムードにはなっていないようです。

 確かに、現行PSPユーザーからの買い替え層は見込めないでしょうねぇ。
 現行PSPユーザーが持っているPSPゲームソフト(UMDソフト)は動かないし、フォームファクターの変更でバッテリー類の流用は不可。接続端子形状や位置等なども変わって、PSPカメラやワンセグチューナーなどの周辺機器もPSP goでは動かないようです(変換アダプタの発売の予定があるとか、ないとか)。

 まぁ、ただ、ソニーはPSPの次世代機「PSP2」も企画しているというウワサですから、今回は、まぁ、PSP goを通して、近い将来UMDを辞めるという意思表示をしたってことなんでしょうね(UMDはPSP1のライフタイム内で終わり)。

 あと、プレスカンファレンスの最後にお披露目された、モーションコントローラと拡張現実ゲームの提案は面白いですね。

scepc51.jpg

 周辺機器を買わせるソリューションなので、最初はあまり流行らないでしょうけど、次世代機のPS4で、標準同梱させればあるいは…というかんじでしょうか...



eapc03.jpg
E3 2009 Electronic Arts Press Conferenceレポート その1
スター・ウォーズMMORPGなどホットトピックが目白押し

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090602_212224.html

自分が担当したE3レポートの第一弾です。
EAはなかなかのネタ盛りだくさんぶりでした。

スターウォーズMMORPGの新作発表有り(写真)、CRYSIS2の続編についてのアナウンスもありました。

MassEffect2にも期待が高まりますし、世界初の物理シミュレーションベースのボクシングゲームFight Night Round4も要注目でしょう。

個人的にはNEED FOR SPEED SHIFTに期待しています。

これ、今までのNFSシリーズと違ってバリバリのドライビングシミュレーターなんですよね。

eapc24.jpg

開発は人気レーシングゲーム「GT Legends」や「GTR 2」の開発元として知られるSlightly Mad Studiosの他、Black Box 、EA Games Europeの3社協力体制によるもので、密かに打倒グランツーリスモ、打倒フォルツァモータースポーツを狙っているものと思われます。

プレイしてみましたが、かなりいいデキでした。
記事中にはプレイムービーもあるので是非ご覧下さい.
オンライン仕事 > GAMEWATCH | comments (0) | trackbacks (0)