ケロロの映画を見てきた

 映画版ケロロ4。今年も公開。

 ケロロ軍曹が好きなので、今年も見てしまったのだが…あまりにもの内容のひどさに二回寝てしまった

 しかもクライマックスで寝てしまう。
 ボク、映画ファンを自負する故、映画で寝ることほとんどないですが…。

 昨年の「3」が傑作だっただけに今作の残念さにはとてもがっかりさせられた。



 パンフレットの監督インタビュー記事を読んでみてたら、「原作者の描いたドラゴンになったケロロがとてもかっこよかったので物語を作ってみた」的なことが書かれてて、何となくつまらなかった理由が分かった気がした。

 ドラゴンに変身させられたケロロ小隊だが、その必然性がなく、せっかくドラゴンになっても大して活躍もせず、暴れもせず、挙げ句の果てには「ドラえもん映画」みたいな「地球を大切にしよう」的なメッセージまででてくる始末。

 侵略宇宙人のケロロの映画で、いうことじゃないだろう。

 ケロロはPTAに気を遣う映画じゃなくていいんじゃないのか。そういうのはケロロ映画のカタルシスにはならないし。

 ドラえもんの映画におけるジャイアンのかっこよさ…みたいな映画ならではのカタルシスを早く見つけて欲しい。

 昨年の映画ケロロ3はそういうのが見えた気がしたんだが…。

 むしろ、ずっこけ侵略宇宙人のドジな様と、ケロロ小隊のそれぞれがはからずも持ってしまった地球人との分厚いしがらみ(友情とか)にスポットライトを当てたお話じゃないと、ケロロ軍曹の映画の意味がないし、後付け感のテーマだけが浮き彫りになってみっともない。

 おまけ映画のケロロ軍曹が地球に来る前の話の「ケロ0」の方が面白かった。

kero 51Hk5LY7r4L__SX350_.jpg

 レジェンドオブチュンリー、ヤッターマン、ドラゴンボール、ドラえもん(のび太の宇宙開拓史のリメイク)と、ネタ映画が多いけど、あとはドラえもんを見るくらいかな。
 藤子ファンとしては見ておかないとっていう義務感だけど。

 映画が終わった直後、「劇場版ケロロ5」の特報が流れたときの、後ろの席のちびっ子のつぶやきが耳に入る。

 「ええ! 来年もまたやるの?」

 やばいですぜ。スタッフ。子供にもあきれられてる…。
 (テレビシリーズは面白いのにね。)



映画 | comments (0) | trackbacks (0)