ツンデレなのか、棒読みなのか

 ゲームレビューの仕事でプリンス・オブ・ペルシャをプレイした。

 ゲームそのものについては近日掲載のレビュー記事を読んでいただくとして…

PoP_S_011.jpg

 やはり衝撃なのはエリカ様の声だった。

 吹き替えに女優の成海璃子を採用したのだが、「鬼武者1」の金城武を思い起こさせてくれるほどの、すごい棒読み感。

 プロの声優さんが声をあてているプリンスとの会話の温度差が積乱雲を生むんじゃないかと心配させられるほど。

 しかも、セリフの翻訳は台本のページ単位で行う形式じゃなくて、たぶん、ゲーム側に実装されている、それぞれのキャラクタごとのセリフテキストファイルをそのまま単発翻訳に掛けちゃったみたいな風情で(あくまで想像)、会話のやりとりが噛み合ってなくて、根本的に変。

 さらに、セリフ音採りも別々にやっちゃったみたい(あくまで想像)で、会話の中で「金」を「カネ」と読んだり「キン」と読んだりで、なんかデキバエとしても痛々しい。

 これならば英語音声の日本語字幕でよかったような気がする…。

 金城武は「鬼武者3」の演技では名誉挽回した感じがしたけど、続編製作決定のプリンス・オブ・ペルシャで成海璃子が再登場する確率は…!?

 最後に、ちょっとフォローもしておこう。

 俳優さん、女優さんの声優起用は、よほど専用の訓練を受けたあとでないとだめなんじゃないかとおもう。

 俳優さん、女優さんは、声だけじゃなくて表情表現と身振り表現で初めて演技が成立するので、声だけで演技する声優さんとは基本的に演技方法が違うんだと思う。

 プリンス・オブ・ペルシャ...そんなことを考えさせられる作品でした。



ゲーム | comments (2) | trackbacks (0)